記念すべき第20回の超スペシャル開催。この回は、長いMAIN STREETの歴史においても後世に語り継がれるべき最大・最強の1日となる。

この回は、始めから世間を驚愕させるブチ抜いた仕掛けをやろうと前々から思っていた。結果、日本のストリートダンスシーンにおいて、この先何年もこの日を超える出来事は起こりえないだろうな、という1日が実現した。

通常だと1つで充分とも言える目玉と言われる出し物が、この日は幾つあっただろう?そして、この回はホントにあり得ない事がいくつも起こった。

雑誌での前告知に使ったテキストを載せておきます。

『世界最高峰のハウスダンサー、CALEAF、SHAN’S、そして初登場JOEYの3人がN.Yから来日し、国内最高のグループROOTSのKANGO、NADA、NAOKIと新チームを結成しお披露目する。そしてEXILE・MATSU主催のブランドL.M.Dとのコラボで彼を含む当日のみのスペシャルチームが実現、さらにSOUND CREAM STEPPERSのこの日だけの4人目のメンバーは?など、他ではありえない超豪華な布陣。さらにLIVEでレゲエシーンのカリスマ・BOY-KENに加え、あのEXILEメインボーカルATSUSHIの別ユニット・COLORの出演が決定!大物の出演もまじえたシークレットな仕掛けが満載の今回の『20th anniversary special !!』。MCはもちろんZEEBRA。歴史的なスペシャルな1日になる事は間違いない。』

そう、この日はなんとEXILEボーカルのATSUSHIクンがLIVE出演、そしてメンバーの松っちゃんがDance Show。そしてさらに、なんとこの日は、そのボーカル・アツシくんのバースデーというバッチリさ加減!!
COLORのLIVE直後に、ステージにEXILEメンバー全員が登場。巨大ケーキも持ち込まれ、会場のみんなと共に、彼のバースデーをお祝いすると言うなんだかすごい事になった。

mainstreet_359.JPG

そしてその直後に登場したのが、なんと当日まで名前が伏せられていたスペシャルシークレット・ゲストのOMARION。
この頃には、その前のEXILE全員の登場で大フィーバーになってた会場が、続けて今度はそれを上回る普通あり得ないシークレットゲストの登場に、もう完全に異様な雰囲気になっていた。
前の年の「You got served」主演、初のアルバム「O」がビルボード初登場1位を獲得するなど、すでにまさに全米のトップスターであったOMARIONの登場には、さすがにお客さんはビックリしていた。業界関係者以外ほとんどの人は彼の登場をこの時まで告知していなかったから。このOMARIONを、告知せずにシークレットとしていきなりぶち込んだのは、やっていてさすがに気持ちよかった。
この時まで、OMARIONは日本国内でLIVEを1回もした事がなかった。その彼の、日本での初ライブを、このMAIN STREETでやりましょうよ、と申し出てきて頂いたSONY MUSIC さんには、いくら感謝してもし足りません。SONY、そしてOMARION本人の、ストリートシーンを本当に大切に重視してくれているスタンスに感激しました。この日はスーパースターOMARIONの日本初ライブをこの目で見ようと、日本人の有名歌手の方達も大勢2F席に遊びに来ていた。

mainstreet_omarion2s.jpg

ダンスでは、NYからハウスのオリジネーターの面々、CALEAF、SHAN’S、JOEYを招聘。また映画『座頭一』出演で一世を風靡していたタップのHIDE-BOらによるSTRIPES、また同じNYから様々なPV、CMで活躍する日本人女性ダンサー・KODANCEの国内初お目見え、、、などなど、目玉がもう普通の感覚になる、わけのわからない開催となりました。ぼくらのただ一つの反省としては、「やり過ぎ」「サービスし過ぎ」・・・・・でした。

演出にも趣向をこらし、入り口では ボディにMAIN STREETのラッピングをした『MAIN STREET x HAMMER』コラボ特別仕様車の展示が。

mainstreet_596s.jpg

さらにこの回のもう一つの大きな出来事として忘れてはいけないのが、『APPLE COMPUTER』がSupportについたという点です。
入り口でi-podの試聴、そしてMACを数台置き、みんなが自由に触れるように。
そのi-podの中には、SONY, BMG, UNIVERSAL, VICTORの4社のトップアーティストの音源を、僕たちMAIN STREETが、レーベル間の垣根を越えてお借りして、新曲までもが自由に試聴できるようにしたという、これまた実は超画期的な試みを実現させる。

また、この日に先駆けて、APPLE COMPUTER INC. とホームページ上で相互リンクを張り、MAIN STREETダンサーたちがAPPLE COMPUTER INC.のWebサイト内 iPod+iTunes『Celebrity Playlist』に加わる事になりました。当時、このCelebrity Playlistには国内の有名ミュージシャンや有名プロスポーツ選手、文化人などが名前を連ねていましたが、個人名の前に『MAIN STREET』などといった団体名がこれに加わるのは、国内初の出来事ですからそのつもりでいて下さいね、と当時APPLEの上の方に言われていました。

itunes_top.jpg

mainstreet_apple1s.jpg

mainstreet_apple2s.jpg

mainstreet_557s.jpg

と、あんなこんなとあまりに盛りだくさんで、せっかくやった事なので知らない若い人も多いと思うので報告させてもらいました。ウザくてすみません。

次週からはいよいよShowcaseがお目見えします。

MAIN STREET vol.20 フライヤー

2005.04.30 (Sat.) MAIN STREET 順番表

01:00 SHOW スタート

    ーフロアー横スクリーンで映像1分ー

1. WEST 51 STREET                  
                               
ー MC ACTION 登場 ー
                            
2. SHIGE + KEITA & MIHO BROWN + YURI
                            
3. SHINYA + KODANCE
                              
4. HIPNOTIC BOOGIE

5. KOJI + TO-RU + SOICHIRO
               
6. COLOR LIVE                      

7. シークレットゲスト・OMARION LIVE

8. STRIPES LIVE

9. STEZO + YOSHIE + TATSU + SEVA + PATO + NOBU + GAN + SHOTA

10. ALMA + Zero db

11. PERFECT COMBUSTION

12. STRUT

13. ARMAGEDDON

14. SOUND CREAM STEPPERS

No Comment... »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment