この回だけ使った名前です。OYA-GENです。(BOBBY, RAHA, IMAEDA)

Vo.RAHA、Dancer IMAEDA, KANGO によるライブです。

少し時間が空いてしまいましたが、最後のヨーロッパ日記です。
帰る日の前日は昼から街に出て、レコード屋やお洒落な洋服屋を端から回った。買いたい物もたくさんあったし、お土産も買わなくちゃならないし。。。
おしゃれで地元の人がほとんどという地域を歩いて回り、Berlinに住む女の子の友達とメキシコ料理を食べ、最後の夜を過ごした。
翌日のフライトでMOSCOWを経由し、20時間かけて成田着。約5週間にわたった長い旅からようやく帰国した。

今回はいつも以上に様々な事を体験できた旅だった。実に色んな事を実体験を通して学んだ。
よその国の事をたくさん知っていくと、自分の国の事も逆に見えてくる。今までわりと「日本はなぁ、、、」と思う事の方が多かったが、逆にこの国は素晴らしいなと思える事もたくさんあるという事も見えてきた。
これからも、より国際人として通用するように、国内だけでなく世界に通用する感性を作っていきたいという思いを強くしました。(英語だけじゃなくて、スペイン語やフランス語ももう少しちゃんと話せるようになりたいね♪ )

                            〜Fine.〜

2007.07 Berlinの壁

CRAZY-A ライブ内でのCHANNELS(CHINO,KO-JI)のパフォーマンス。

ともにずっとMAIN STREETを支え続けてくれたCRAZY-A & the posseのライブ。CRAZY-A、当時No.1ブレイカーのCHINO、KO-JI、DJ BEAT、、、、。『愛を想い出に』。

当時のニュースクール系女子トップダンサーたちが集まったスペシャル・ユニット。
Hatsu,Tetsu,Kazuki,Miki,Masako,Mama,kaeru,miyuki,sakiの9人です。

アンダーグラウンド・ヒップホップとして、80年代後半から活躍する横浜出身のこのトップ・チームを知らない者はいなかった。
これはVISIONの二人(MICCHAN、HIGUCHI)に彼らの弟分チームRAMPAGEがフューチャリングしたものです。

明日木曜日が多忙のため、今週は今日水曜日のアップです!

1993.12.04 MAIN STREET Vol.5

MURO率いるマイクロフォンペイジャーの、MAIN STREETでの貴重なライブ。MURO、TWIGGY、、、、、そしてTAKE-Gの圧巻のソロ。若い人は彼の事をほとんどみんな知らないでしょう。だけどハッキリ言って、、、、、、知るべきです。  これは貴重です。

*古い画像なので状態悪くすみません。ニュアンス分かるといいんだけど。。。。。

先々週で今年5月のMAIN STREETのアップが終了したという事で、今週からついに、過去のMAINの映像をアップしていきます。1993.12.04 MAIN STREET Vol.5から、古いものから毎週少しずつ、一開催終るごとに一つずつ新しくなっていきます。超貴重ですので毎週木曜日のアップを見逃さないように!
まずはこのVol.5だけに特別にMCで登場してもらったYOU THE ROCK☆の映像から!

7/8(日)

最高の雰囲気だったWATER GATEにラストまでいて、10時頃出る。そのまま再びPANORAMA BARへ戻る。このPANORAMAは土曜夜から日曜の夜中〜月曜朝までず〜っとやってるのでみんな何回も出入りしてるのだ。ここも相変わらずのいい感じだったが、ちょっと踊ってからタクシーでBAR25へ移動。
このBAR25はもっとで、ひどい時には金曜から始まり火曜夜までオープンしっ放しの時もある。日本ではちょっと考えられないスタイルがここにはある。

Berlinはとにかく毎週こんな感じで、いくら遊んでも遊び足りない僕らのような人種にはピッタリの街だ。
遊び人の中にはサラリーマンのような人は少なく、そのほとんどは世界から集まって来ている、いわゆるデザイナーだのDJや制作者といった音関係の人間だのというクリエーターがほとんどで、クラビングの合間合間に仕事を仕上げていくようなライフスタイルを送る者がすごく多い。(と言ってもその仕事・作品のクオリティーの高さは言うまでもないが)

昼から行ったBAR25はたくさんのfucked upした人達でいっぱいで、なんともいい感じだった。そしてなんとここで、先週のFrankfurt/Cocoonclubで会ったCocoon recordingのパウリンに偶然出会う。この週末はBerlinに遊びに来ていたようだ。お互いに偶然を超えた必然の再会を喜び合った。彼はここにIBIZAのクラブ・Amnesiaのプロデューサーらと来ていたようで、IBIZAでSven Vathがやってる人気パーティーCocoonの裏話などをたくさん聞かせてくれ、共に楽しい時間を過ごした。

一度Hotelへ戻り2時間ほど寝て元気になり、夕方から別のOUTSIDEのPARTY 『electronic waves open air』へ行く。ここもやはり川沿いのいい感じのところ。その後、超地元しかいないハイソ・エリアを散歩。夜はIBIZAの恩人ユキちゃんがBerlin入りしていたので合流し、トルコ料理を食べに行った。

いよいよ次回で最終回です。

1. BAR25の外、これはベルリンの壁です。
2. BAR25にて偶然の再会。COCOON RECORDINGのパウリン。
3. 日曜の夕方から行ったOUTSIDEのPARTY。ここも川沿いで、みんな踊ってる。
4. イタリア人のZARE、最高YUKI、RAHA。

2007.07 Berlinの壁/BAR25の外2007.07.08 Berlin/BAR25にて偶然の再会。COCOON RECORDINGのパウリン。2007.07.08 Berlin 『electronic waves open air』2007.07.08 Berlin イタリア人のZARE、最高YUKI、RAHA。